妊娠中は栄養の摂取に気をつけよう|通常より多くの葉酸が必要

妊婦に必要な成分

妊婦

妊娠検査薬で陽性反応が出たという場合は妊娠している可能性が高いので婦人科で検査をしてもらいましょう。検査薬は尿の成分で陽性と陰性を判断しており、その結果が間違っていることもあるのです。婦人科では尿検査だけでなく超音波を用いてお腹の中までしっかりと調べてくれます。そこで始めて妊娠しているかどうか確定するのです。妊娠が確定すると多くの人が喜びと同時に不安を感じるでしょう。初めての妊娠でこれからどのように体調が変化するか、無事に胎児が成長するかという不安が出てくるのです。妊娠が確定したらその不安を払拭するためにもいろいろなことを調べてみるといいでしょう。妊娠してすぐに気にしたいのが妊娠中の栄養についてです。妊娠中に栄養が不足してしまうと、胎児が充分に成長できなくなってしまうでしょう。足りない栄養素があることで先天性異常を持って生まれてくることも考えられます。また、妊娠中はお母さんもいろいろな体の不調を感じやすくなるので、バランスよく栄養を摂取して備えておいたほうがいいのです。

婦人科で妊娠中に摂取するよう勧められるのが葉酸という成分です。この葉酸はほうれん草や豆類、レバーによく含まれている栄養素です。普段であれば1日200マイクログラム必要になる葉酸を、妊娠中は400マイクログラム摂取するように医師から説明されるでしょう。なぜ、葉酸が通常の2倍も必要になるのかというと、細胞分裂の働きを手助けしてくれるからです。妊娠初期はお腹の中で胎児の体や心臓、神経などいろいろな部分が形作られます。そのときに細胞の分裂がスムーズにできないと先天性異常のリスクが高くなってしまうのです。そのリスクを抑えるために妊娠中に葉酸の摂取が促されています。

看護師

妊娠を促す治療

妊娠したいというときには大阪にある婦人科で不妊治療を始めましょう。数千円から受けられるタイミング法というものもあります。まずは検査を受けて不妊の原因を知ることが大切です。

ドクター

ピルの効果と注意点

避妊をきちんと行ないたいというときには大阪の産婦人科でピルを処方してもらうといいでしょう。ピルはホルモンを含有している薬で、それを飲むことで高い避妊効果が得られます。

女性

男性側に問題がある事も

原因不明の不妊は女性にとって大きな不安となるものです。場合によっては男性の方に不妊の原因があることがあるので、男性不妊になっているかを知るようにしましょう。妊娠に繋がるように男性不妊を改善しましょう。